>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験のことなどを振り返ったり。
この一年、駆け抜ける一年でした。

新しい仕事お仕事を始めたり、資格の勉強をしたり。
ありがたいことに、休みはほとんどない状況で動くことができています。

ただ、最近ちょっと忙しすぎています。
仕事をして帰ってきて、またすぐに次の仕事の準備や勉強をして、の毎日で、やっと終わって寝る時間が毎日深夜2時や3時に。
お仕事をいただけることはありがたいことなのですが、なんだか、うまいこといかないなあと。
今年度は、もう少しゆとりを持って働けるように調整していきたいと思っているところ。

++++++++++

ところで、前回の記事にもアップした、キャリコンの試験に無事に合格しました。
11月から初めて、3月に最後の試験がありましたので、4か月くらいかな。
仲間もたくさんできて、一緒に頑張ることができました。
本当にありがたいです。

ところで、なぜだかクラスメイトから「余裕で合格したんでしょ」、とか言われるのですが、私としては必死で全く余裕などありませんでした。
わりと落ち着いている印象を与えがちな外見なので、そう見えたのかな。
褒め言葉なのかもしれませんが、なんだか努力せずに合格した、と言われているような感じを受け。
誰しもと同じように、眠る時間や働く時間や休む時間を削って詰め込んで、ストレスと闘いながら勉強していた身としては、微妙な心地でありますね^^;

+++
続きは以下に格納します。

++++++++++

結構大変な試験でした。
筆記に関しては過去問もありませんし、論述については過去問はあるものの解答は発表されていません。
実技もフタを開けるまでは詳細は謎なので、なかなか、難易度が高い試験でした。

筆記の前は、私の周りの人たちは結構メンタルもフィジカルもアップダウンがあった様子でした。
私もそうでした。ただ、試験の前は少し仕事を軽めにしていたこともあり、計画的に勉強できました。
試験前はとても健康状態もメンタルも良い状態だったように思います。

そして私は自分でも昔から思うのですが、「試験」というシーンでは非常に本番に強いです。
そこにたどり着くまでは大変であるものの、いったん始まってしまえば平常心で、通常以上の力を発揮できる様子です。
なぜだかわからないのですが、そんな感じなのです。
もしかしたら準備と勉強に相当の時間をかけるからかもしれませんけど、それは誰しもが同じですよね。

そんなこんなで今無事に終えることができました。

+++++++++++

今回の受験では、たくさんの気づきがありました。
いろいろ、忘れないようにするためにメモ。

まず、肯定的な仲間はとても必要です。
それぞれが各々に頑張っていて、一緒に励ましあって並走していけるような関係がいいですね。
お互いの情報交換をすることも必要だし、気持ち面でのシェアをしていくことも、モチベーション維持になります。

それと同時に大事なのは、まったく上記とは反対の話になってしまうのですが、一人で頑張ることです。
とかく、試験勉強中って、周りの人たちの勉強の進捗やスキルが気になりがちになります。
これは誰しもなので仕方のないことと思います。

ただ、そこに足を取られると周りのペースに巻き込まれて自分のやるべきことを見失ってしまう恐れがあります。
なので、とにかく自分のペースを守ること。
ゴールから逆算して、今自分に必要なことを必要なだけ積み重ねること。
そこに注力すること、とても大切だなと感じました。

ほかの友達が、たくさん進んでいても気にすることありません。
自分が今日はここまでやることが必要だと判断したなら、それでいいのです。
周りに追いつくことが大切なのではなく、自分に必要な量を必要なペースで行えばよいのです。
周りは周り、私は私で、着々と。
自分だけのPDCAを回していくことです。

そのうえで、仲間と一緒に励ましあって、情報交換をしあって進んでいけたら鬼に金棒です。


実技試験についても、たくさん練習をする機会をいただけました。
一人では練習できない実技内容ですので、何度もみんなで集まって練習行いました。
友達が主催した勉強会もありました、私が主催したものもありました。

そこにみんなが駆けつけて、真剣に練習を重ねることができました。
これは本当にありがたいことで、そして、効果は大きかったです。

実技の練習について、注意したいと思ったのは「基準を見失わないこと」です。
オブザーブで実技を見ていると、ついついああしたほうがいいこうしたほうがいいとか、
ここがだめあそこが良くないとか、ネガティブなことも言いたくなるのですが、そうではなくて、
基本はどうだったのかということをいつもきちんと見ていくこと、大事です。

実技練習って、通学講座が終わってその後も続くものです。
通学講座がある時期は、ちゃんとした先生から実技のポイントやあり方のレクチャーがありますが、通学が終わってしまうと、その明確な基準みたいなものを確認することができなくなります。

そういう時に何か新しいことを始めるのはとても危険です。

通学講座内で、とにかく毎回を大切にPDCAを回し、講師から吸収できるものは最大限吸収しておくことが大事なんだなあと。
それで、通学講座後はもうそれ以上を望むというより、ここまでで得てきたものをしっかりと見直しをできる仕組みにしておいて、練習会を重ねてよりよくできる方法を得ていくというやり方がいいのかなと、思いました。

あとは、自己肯定感がアップするサポートをすることも大切かもしれません。
その人その人の良さ、というものがあります。
ダメなところを見つけるのではなくて、良いところやできているところや、その人の味を見つけていくことの大切さと面白さ。

そのうえで、「さらによくなるところ」という視点でのフィードバックを行う。
そういう、自己肯定感を自分も他人もアップできるような練習の場が、いいんじゃないかな~と、感じました。
これは今回私が参加していた練習会ではみんなそんな感じでした。ありがたいことに。

そういう場の空気が出来上がると、そんな感じに回っていくのかもしれません。
他人も自分も大事にできる、そういう研鑽の場であることが理想と思いました。

++++++++++

今回はたくさんのクラスが同時開講しているなかで、私が所属していたクラスはとてもメンバーが良かったように思いました。
明るい人や良く笑う人が多い、そして気の良い人が多かったです。
きっと器の大きな人が多かったのでしょうね。

キャリコンはまだまだ、この資格だけで仕事をしていくということは難しいもののようです。
何かの資格や何かの仕事をしていて、それに加えてキャリコンを持っていることでさらに仕事の幅が広がる、というようなもののようです。

なので、合格者同士で情報交換をしながら協力して活動していくことが不可欠です。
また、自己研鑽が必要で、それもポイント化されていたりもするので、そういった意味での勉強会なども必要になります。
今回出会えた仲間たちとともに、さらなる磨きをかけていきたいと思います。

新たなスタート地点に立って、これからを考えたいこの頃です。
ちょっと多忙すぎて考える余裕もないこの頃なのですが、少し落ち着いたら、振り返ったり先を考えたり、したいと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shieny.blog56.fc2.com/tb.php/1231-a23eacc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。