>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の命日におもう
ひかり

2月18日は父の命日でした。2011年。

もう4年もたちます。はやいな。

色んなことが、本当に速く感じます。

+++

感覚というのはおもしろいもので、同じだけの時が経過している事柄であっても、

随分前に感じたり、時相応に感じたり、またはまだそんなに経っていないと感じることも、あります。

さきほど、「はやいな」と書きましたが、父が亡くなったことにフォーカスして感じてみると、

4年という時は、相応に感じています。

そうだな、確かにもうそれくらい経つのかもしれないという、体感。


先日ちょうどこの時期に、父が入院していた病院を別の用事で訪れることがありました。

梅がそろそろ咲き始める時期、そして風が冷たい時期。

当時のそれがとても、印象的に刻まれていて。病院の入り口に咲いている梅を見て、

あの時のことをすこしばかり、思い出したりしました。


父が亡くなったことに関しては、未だに、何も未練もなくて。

当時はあらゆることが、すごく大変だったのですが、

亡くなってから、わりとはやいうちから、サッパリしていたので、天国で父はちょっと怒っているかもしれません。

先日の命日、18日にも、うっかりお線香を忘れるなど、しました。

けど、この時期は母と、父の思い出話などは、しています。

・・・続きは以下に格納します。
+++++

日々暮らしていて、たまに、ああ~これは父だったら共感してくれるんだろうな~なんていうことが

あります。

自分で言うのもおかしいですが、私はちょっと変わっているところがあります。

若干極端なところがあったり、気まま過ぎるところがあったりなど。

そこは父に似ていると思っています。

よく父は、母に「わけわからない」とか「言っている意味がわからない」と言われていたんですけど、

幼いころから私は父の言っていることややっていることは、わかっていました。

そういうところで、父に「だよね~」と話せたんだろうなあと、思うような出来事があったり。


そんなこんなで、たまに亡くなった人と、心の中で、会話をします。

+++++

話がまたちょっと、変わりますけれど。

父が亡くなったちょうどその時期、・・・、私が一番大変だった時期に、

偶然出会って仲良くなった友人がいました。

その友人には、父のことはそれほど詳しく話してはいなかったと思うのですけれど、

素直で無邪気で、風みたいに足どりが軽い人でした。

軽い足取りで、色々気にせず楽しい時間を運んでくれる友人も、ありがたいものですね。

何の抵抗もなく、スッといろんな話を吸収してくれるその友に、

本人は全くそんなつもりはなかったのでしょうけど、

私は心が助けられていました。


ああ、あのタイミングで出会えていたことは、良かったなと。

4年経って振り返って、ありがたかったなあと、改めて思ったり、します。

+++

時が経って見えてくる気持ちってありますね。

経過したからこそ、思えることもあったりして、実際に起きたことや現実と、

それに向き合う人の感覚や心が、同じ1人の人間のものであっても

いかに多様であるかを、思わされます。


その時々が、私の現実で、同じ事柄であっても、多様な形でうけとれるのは、

私自身が時を経て変わってきているということなのでしょうか。


(だから、あらゆることに、結論を急ぎたくないとも、思います。

今の答えは今の答え。だとしても、この先どう感じるかはわからなくて、

例えば今はサイアクと思えることであっても、それは本当にサイアクかどうかは、

実はまだ、わからないということも、充分にありえます。

案外、最終的な結論は、遠い未来に出ることも多いですね。)

・・・話がずれました。

+++++

そこそこ、色々なことがありましたけれど、しんどい時、誰かが居てくれていたなと。

振りかえっては、そこに居てくれた人たちに感謝を覚えます。


そんな、2月でした。

さて、今週は父の誕生日なので、誕生日にはお線香をと、思います。

忘れなければネ。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shieny.blog56.fc2.com/tb.php/1210-e1b77615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。