>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭上
そら

僕は人が大好きだから

大好きで大切だから

大好きで大切すぎて

怖くなってしまうんだ

そういうことだ


スポンサーサイト
足場
ひかり

〇〇をとったら自分には何も残らない、という感覚について考えていた。

仕事をとったら何も残らない。とか。

本当はそれは真実ではないはずで、なにかをとったら、

そこには自分自身が残るはずだと。


自分自身があって、その下位に位置するのが、

仕事であり趣味であり人間関係で。

1番にしなければいけないのは自分で、

なにかがなくなったら自分自身がなくなってしまう危機を感じるのならば、

自分以外のものの優先順位が高くなっているときで、

危険の前兆なのである。


仕事や趣味や好きなことと、自分の存在意義が

重なってしまうということは非常に危ない。

それがダメになった時に自分が同時に消えてしまう。

それは死を意味するのかもしれない。

自分以外のなにものかに救いを求めるのも非常に危ない。

最後に自分を支えられるのは自分しかいないのだ。


その自分自身を潤わせるとか、そういう類のことに

日々時間を費やすのがよかろうと。

何もできなくても幸せを感じられるところまで。

何もなくても自分の存在を許可できるところまで。

(↑それが現実的に可能なのかどうかはわからないけれど)


なにかを持っている時こそ特にその意識は大事なんだろうなあと。

自然
かげ

なにかでぐるぐる巻きになってしまって

身動きが取れないような時は

どうするのが一番いいのか。

人それぞれかとは思いますが、自然の中に溶け込む時間を作るというのは

ナカナカいいと思います。


ただ、太陽が傾くのを眺めたり

緑がキラキラするのを見つけたり

かわいい花が咲いているのを探したり

美しい光と影の移り変わりに佇んだり

風を感じたり

・・・

などということに時間を使うのが

とてもよいのではないかなと、思います。


+++


そうそう、ちょっと逸れますけどトミタ栞ちゃんが、自身の歌詞の中で

「携帯もオフで好きなことしよう」って書いている

あれも、いいです。

人と会うのも、SNSを覗くのもいったんやめにして

好きなことをして、美しいと感じられるものに触れるのは

とても良いことです。


日が昇りそして沈んでいく。

草花が生長しそして枯れていく。

それだけで美しいものたちに触れる。


+++


私たちの身の周りに、「自然」という、

圧倒的な美しさと強さを持つものが存在することがとても尊く、

そして、救いであると感じます。

人間も自然の一部であって、決して逆らうことのできないもの。

「自然」に包まれて、「自然」に命をいただいています。


「自然」というものは、うまく言えないのですが、「自然」という言葉以上に

捉えられないくらいの果てしない宇宙であり空気なんだなあと。

目に見えないルールを持っているというか、果てしない、「時」と、

私たちの生きる空間を、動かしているものなのだなあと。


そう考えると、自然を体で感じる時間は、

ちっぽけな自分を、屈服するしかない自分を感じる時間でもあり

自分自身に対して謙虚になると同時に、

不要なものから解放される時間であります。


忙しい時ほど、悩み深い時ほど意識して

自然の存在を感じたいなあと、思います。

空洞
かげ

情熱の矛先を


自由
ひかり

選ぶ自由

選ばない自由


続ける自由

続けない自由


全てが等しく並ぶ選択肢である

気の向くままに

何でもいい
ひかり

今年は無理せずお盆はおやすみしています。


そろそろすっかり戦うパワーも尽きて、いろいろな状況に

降参するしかないという心地。とはいえ、まだ、しぶとくジタバタしていますが。


2日ぶりくらいに外歩きました。

近くのカフェで1時間ほどぼんやりして

近所でも歩いたことのない道を歩いて

現れた公園に寄るなどしました。


きれいなものを観ても今までのようにきれいと

感じられない日々を過ごしていました。

忘れてしまったこともたくさんある日々でした。


カフェでぼんやり1時間ほど、人の通らない窓の外を眺めていたら

色々な出来事や世の中の動きが

遠い世界で起こっているもののように感じられて

久しぶりに自分自身に戻れた感覚でした。



きれいなもの見つけながら、少し傾き始めた太陽に向かって

ボチボチ歩いていたら、帰り道、

ああ、もう、何でもいいやどうでもいいや、

何でもよかったし、どうでもよかったという感覚が

突然降ってきました。


どこかネガティブに聞こえるこれらの言葉ですが

私にとっては、とても楽になる発想で

目の前がパッと開けた心地でした。


前向きとかそういう、パワーのあるものではなくて、

ただ、何もなくて、楽になりました。


きっと、何でもいいんです。

こだわる理由など、ほんとうは何もないんです。


何もなくて何でもあるという、

どこにも壁のない地に、ただ立っている楽さ。


雷雨
ひかり

さっきまでの晴天が嘘のように

急にやってきた真っ黒い雲は青空を覆い

耐え切れなくなったように

空から大粒の水滴が落ち始め


みるみるうちにざあざあと

たたきつける


不意のことで何の用意もなかった

急いで近場の軒下に駆け込んだ


それでも風向きが悪く

時に吹き付ける雨で

びしょぬれになってしまう


しかし雨の中走るのはリスキーだから

このまま軒下でぬれながら動かずに

嵐が遠ざかるのを

待っていた


その時の写真です。


ああきっと、

こういう時もあると

思いました。

花

いただいたお花で作りました。

日々暑くなりますね。

自宅にあるグリーンがイキイキしています。



全く関係ない話ですが、最近物忘れがひどくて。

先日も、よく知っているはずの人の名前を忘れたりして

びっくりします。書いておかなきゃ。


+++++

■使用花材
・シンビジューム
・モカラ(2種)
・バンダ
・デンドロビウムファレノプシス
・ベアグラス
・ドラセナ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。