>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Borosilicate Art Expo2009
Borosilicate Art Expo2009に出かけてきました。

とても、感じるものが多かったです。


酸素バーナーを使った、デモンストレーションを初めて見ました。

周りはみんな、ちゃんと保護メガネ着用、デジカメを構え、中には熱心にメモを

なさる方も。


私はお気楽に、眼鏡もデジカメもメモも何も持たず、シマッター!と

目に残像が・・残像が・・・・・青い残像が・・・。

次回行くときには、これらを装備していこうと思いました。特に保護メガネは必須。


今回のデモンストレーションを見て、一番思ったのが、炎が大きいってスバラシイと。

大きなものが作れる。オブジェも作れる。これは楽しい。。。


+++


ボロシリケイトガラスの発色は美しいです、虹のよう

というよりも、銀や金などの金属で出す発色が美しいと言うのが正しいのかな。


とはいうものの私は、宇宙を連想させるような、あまりにも鮮やか過ぎる発色や、

セルロイドのような皮膜、規則的な幾何学模様、

もやっとした銀の模様などについて、確かに美しいとは思うのですが、

沢山手元に置いておきたいという気持には、いまひとつ、前向きにならないので、

こちらの方面をやってみようという気持ちはありません。

結局地味に落ち着くことがわかりました。


+++++


一方、惹かれるのは、「立体感」です。

見る角度により表情が変わる。光の入り方で、景色が浮かび上がる。

奥にも、またその奥にも、重なって、世界が凝縮されている。

色と色の重なり。形と形の重なり。

ひとつの作品に、ものすごくたくさんの表情がある。

これは”ガラス”であり、さらに”立体であること”ならではで、

好きな景色を”発見する面白さ”、”探す面白さ”、これは

他では得られない醍醐味だと思いました。


そう、無数の景色を見られるということが、すごく楽しい。

作るのも好きだけど、観るのも大好きです。

今日はひたすら、鑑賞者となって、きれいなもの探しに終始していました。


++++


また、たくさんの作家さんと直接お話できたのも良かったです。

作品を見て、素敵なポイントを見つけちゃうと、伝えずにはいられなくて、

そんなやりとりのなかで、作家さんの思いやお人柄を、お伺いすることができ、

大変有意義な時間をいただくことができました。


++++


一言にガラスといっても、表現方法や可能性はたくさんありますね。

狭くて広い・・・というか、狭くても深い世界です。

沢山のものを見るのは、大変刺激になります。

そして、

じゃあ、これからとんぼ玉で何ができるだろう、何をしよう、と、

再び考えるのでした。





スポンサーサイト
かわいらしいもの
photo 豆

歩いていて見つけました。

豆だ。

↓花は、こんな感じ。
photo マメ科の花

これは何だろう??

食べられる???


+++

美しい花発見。はなびらが、透きとおるみたいで。

photo 花

+++

根元まで、ひたひたです。

水元公園


外には、きれいなものがたくさんです。

雨間
水たまり

雨間と水たまり

霧雨で白む空気

水たまり

バラバラっと水面を乱すのは、鳥の仕業

それが楽しくて、いつまでも木の下で頑張っている私


藤

ハトが雑草をついばむのに没頭しているのも

ネズミが池を一目散に泳ぎ抜けるのも

スズメの雨で乱れた頭も


時に

言葉は交せなくても心を交わせられるようで

愛らしい


藤

それにしても蔓はどこまで伸びるつもりだろう

そればかりはわからない


葉

虫に食われるのがどんな気分なのかも。

葉

ただただ、凛々しい。


いったりきたり
とんぼ玉

2色玉に魅力を感じる今日このごろ

色の組み合わせとバランスを考えるのが楽しいです。

黒い部分は透きがけ(透明)で、半分不透明白なのですが、

写真じゃ違いがわかりませんね。

黒いラインに迷いと脅えが見られる。うん。


頭の中にある形を実現するのは、なかなかむずかしいです。

目的があると、自分技術のなさと、技術の不安定さがよくわかります。

作りたいものは、たくさん頭の中に湧いてくるけれど。ちょっとずつ焦らず行こう。


ステンレス芯が、いい具合で焼けてきて、

玉をはずした時に、離型剤がちょっと残っている感じが

とても美しいです。




実験
蜻蛉玉

ルスカスの影。


+++

離型剤を、ピンクスリッパーに変更しました。

とても順調ですよ!!

しかし、シャフトから抜けません

また明日チャレンジ。




クレマチスのアレンジ
クレマチスのアレンジ

クレマチスのアレンジ。下を向いているクレマチスは、初めて見ました。

先日、クレマチスの蜻蛉玉を購入してから、このお花に興味があります。

とてもしっとりとした雰囲気と、力強い雰囲気を同時に持っていて、

それでいて、どこ妖しさが香ります。

クレマチスのアレンジ

香りはほとんどありません。


+++++

■使用花材

・クレマチス
・宿根カスミソウ
・宿根スイートピー

+++++

不況な昨今、仕事がある時に詰め込んでしまおう!と、

仕事週間を過ごしていました。

ひと段落したので、またものづくり習慣開始です。

仕事週間も、ものづくり習慣も、両方、こうやって過ごせることが

ありがたいことです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。