>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎春花
迎春花

ようやく、作りました~。ケホケホ。


まだ花材があるので、小さいのたくさん作れそうです。

大王松があるのですが、どう使ったらよいか、

なかなかイメージがわかず、そのまま保存中です。


↓左から見た図
迎春花

↓右から見た図
迎春花

全体ソフトにグルーピングしました。

松の直線に、雲竜の曲線が入ると、全体に動きがでるような気がします。

休みの間に、たくさんアレンジ作りたい。



+++++

■本日の花材
・松
・雲竜柳(金塗り)
・赤目柳
・千両
・蘭
・百合
・葉牡丹
・スプレー菊
・ゴット
・レザーファン
・紅白水引き





スポンサーサイト

テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

風邪ひき
お花

数日前から、すっかり風邪ぴきです。

熱が下がらないのはなぜ?!

体温計がそろそろダメになったかな なんて。


いろいろと、大事な時期。

いろいろと、企てがあったのに、いろいろいろいろ、できずに

寝込んでおります。


ふ~。

ようやく、パソコンの前に座れるまでに回復してきましたが、

なかなか、今回の風邪は手ごわいです。

それにしても、「風邪」ってこわい字ですね。


ゆっくりやすみます。


回復したら、このお花を活けるぞ。





雪玉*とんぼ玉ピアス
とんぼ玉ピアス

玉作りをはじめた当初から気になっている

半透明白のガラス。

これはとってもおもしろい!


今回は、昨日半透明白のガラスで作った玉を、ピアスに仕立てました。

ボリュームのあるアクセサリーが好きです。

かわいらしい、雪のような玉のピアスです。耳元でゆれて、かわいいです

来年、高円寺のToo-Ticki様に納品予定。

+++++

今回も蜻蛉玉ばぶるす様の工房をおかりしました。
いつもありがとうございます



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

インサイドアウト?なのだろうか?
とんぼ玉

トンボ玉つくり。今回も蜻蛉玉ばぶるす様の工房をおかりしました。

いつもお世話になっております

+++++

先日、玉友のコトタマさんがデモンストレーションでやっていた

パーツ作りを横で見ていて、ふと、私もやってみたくなりました。

コトタマさんのパーツよりも、4倍くらい大きいのにチャレンジ。

インサイドアウトというものらしいです。


目打ちで押し込んでみる。

で、よくわからないものができました。

銀箔が泳いでいます。

形がかわいらしくて、気に入りました

とんぼ玉

+++++

この玉を見て、ある人は、「犬」だと言い、ある人は「ペンギン」だと言い、

またある人は「貝」と言い。また「天女が泳いでいる」という人もいました。


面白いですね。

以前、美しいと感じるものが、人により違うのがおもしろいという記事を書きましたが、

それと似ていることと思いました。

↓続きは長いので、下のリンク「[READ MORE...] 」をクリックして開いてください。
+++++
[READ MORE...]
さらに研究中。
とんぼ玉


蜻蛉玉研究中。

この玉、もうちょっと表面がラメラメになる予定だったのですが、

銀箔がとんでしまいました。

銀箔の入れ方を、研究中。箔をただ乗せるだけではなくて・・・。

何の変哲もない玉に見えますが、いろんな仕掛けをしてあります。

油絵の具みたいな、重たさ。すきだなあ。

1つの玉から、たくさんの発見があります。

+++++

ところで、いろんなものを作ったり、きれいなものを見たり、人と話をしたり、

ディスカッションする中で、たまに「ピン」とくるものがあります。


↓続きは長いので、下のリンク「[READ MORE...] 」をクリックして開きます。
[READ MORE...]
お手入れ
とんぼ玉ガラス

一日休み。ひさしぶりに、何も予定がなく、家でぼんやりできる贅沢な日。

ガラスのお手入れ。コテのお手入れ。

ガラスを素手で洗っていたら、親指をパクっと切ってしまいました

軍手して洗わないと危険;

とんぼ玉 ガラス

コテもきれいになりました。

もうちょっと、つるつるに磨けるとよいんだけれど、なかなか。



道具のメンテナンスはとても大事ですね。

何か、精神修養じゃないけれど。

道具にも、ありがとう~、という気持ちを。





赤い実
赤い実

毎年、この時期にご依頼いただくお仕事があります。

閑静な住宅街にある会場での講座。

古くて大きな一軒家が多い地区で、都内でも自然が多い場所です。

講習会場までしばし歩くのですが、あちこち眺めながらの

楽しい道のりです。


塀をツタのように覆う枯れ葉の中に、赤い実を発見しました。

3週間前に発見して、毎回ここを通るたびに、観察しながら

通り過ぎているのですが、赤いつぶが、だいぶ落ちました。

小鳥が食べたのかしら?

ひとつぶ食べてみたい。



毎回知らない場所に出かけて、いろいろな会場で、講座を行っています。

初めての場所、地図を見ながら歩いて、環境設定のわからない会場で

講座(パソコン)を行うのは、なかなかプレッシャーも多い仕事ですが、

こうやって、いろいろな土地を歩いて、散歩気分で周囲を眺めるのは

楽しいです。


夕空
夕空

最近、少し日がのびたような気がするのは、気のせいかな?

今日の夕空。

写真だとわかりづらいけれど、空に星が一つ、光っています。ピカ。

写真の上部、真中から少し左あたり。


この空の色、美しい。

本物はもっと美しかったよ。

こういう、詩的な情景、すきだなあ。


+++++


陽の沈むスピードに、暗くなるスピードに、少々の焦りを感じる、夕暮れ時。

昼と、夜のハザマ。

24時間、同じペースで時間は流れているけれど、

1日に数回、すごく速く時間が流れる"トキ"がある。

夕暮れ時も、そんな時間。

何か、移り変わる時間、ハザマの時間って、どちらともつかず、

立ち位置がとても不安定で、危険な、時間である気がする。

知らない世界へと、不意にひきこまれるような、不気味さを感じる。


この美しい空のどこかから、知らない世界の音が、”キーン”と

聞こえてくるようです。



星が、ひとつぶ、ひとつぶ、徐々に、姿を現すと、

夜の訪れ。

ちょっと、安心する。




宝探し
しずく

ヤツデのひとつぶひとつぶに、雨のしずくが、とどまっています。

ピカっと光って、静かなる存在感。一枚パチリ。

今の時期は、あちこちに実がなっているので、おもしろいです。


うっそうと茂る、枯れ葉の裏側に、かわいらしい赤い実がなっていたり。

頭上を見上げれば、紫いろのつぶつぶが、垂れ下がっていたり。



こういう宝探し、楽しいですね。





とんぼ玉アクセサリー
とんぼ玉 ネックレス ストラップ

楽しくてやめられないとんぼ玉作り。

自分の「好き」を、とことん追いかけていきたいと思う。



植物が好き。蔓植物や、枝もの花材が好き。

葉っぱの朽ちていく姿が好き。朽ちていくときのかたち。色。

曲線、ライン、色。


今、隣に座っている誰かは、たぶん、こんなものには1ミリも魅力を

感じないかもしれない。

隣の誰かの「好き」には、私は1ミリも感動できないかもしれない。


こういう感覚って、すごく面白い。


意味はなく、無条件に惹かれるものたち。

パッと目に飛び込んできた瞬間、「美しい」と感じてしまうものたちの存在。

そう感じる人間の感覚。

ひじょうに興味深い。




植物を使って描きたい姿と、とんぼ玉で表現したいものの姿が、

だんだん、だんだん、近づいてきていることに、気づいた。

そして、それが重なる日も遠くないかも。


近づいてきている2つが重なった時、自分が感じているひとつの「美」が、

目の前に、形となって現れてくるんだろう。



私が好きなものたち。

絵・詩・音楽・花・植物・とんぼ玉。。。

それぞれ、ばらばらに存在していたものが、アメーバがくっつくように、

部分部分が、つながってきているのが面白い。


絵-詩-音楽、がつながり始めている。

花-玉がつながり始めている。

この先がどうなるのかが、ちょっとしたワクワク。



いろんなことをやっていても、きっと、やりたいことは1つで、

即ち、何をやっていても、きっと同じことをしているんだろうな。



こうやって、「好き」や「美と感じる感覚」を、掘り下げて探究してみると、

とても面白い。

素敵なことがたくさん見えてくる。



玉つくりは、自分にとっての「美」を発見する大きなきっかけとなっています。


+++++


蜻蛉玉ばぶるす 様の工房をおかりしました。

いつもありがとうございます










ヴィゲタティーフ
ヴィゲタティーフ

教室に出席できなかったので、自宅で自主練。↑クリックすると大きく表示されます。

ヴィゲタティーフ。植生的な作品を作る基本レッスン。

今回は、風がワッと吹いて、植物があちこちになびいて揺れるイメージで

作りました。

左から右へ。右から左へ。前後左右。いろいろな方向へ流す、

そして、花材をあえて重ねたり、絡ませたり・・・。

躍動感が出たかな?

混沌とした表情を作ることで、より植生的な趣に近づくような気がしています。

枝ものとグリーンの動きを強調したかったので、お花は低く使いました。


アップダウンをつける。そして、花材はグルーピング。

奥行を出すために、後ろにもしっかりとお花を入れます。

↓右から見た図

ヴィゲタティーフ

赤いアマリリスがかなり大きく開いてきました。


↓左から見た図

ヴィゲタティーフ

最近、少ない花材で、うまくオアシスを隠す方法がわかってきました


+++++

■本日の花材

・雲竜柳
・グニューカリ
・アイビー
・ゲイラックス
・バラ
・ガーベラ
・ユリ
・アマリリス




テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

「作品」?「商品」? プラスの循環を考える。
作家が作りたいものを作って→

売る人間も気持ち良くその作品をお客さんにも勧められ→

お客さんも喜んで購入し→とっても満足して使用する→

それを見た人が「いいね」って言って、また買いに来る、

もちろん、購入した本人もまたリピーターになる・・・

そんなプラスの循環をさせられる作家がいるということです。

所謂、「売れてる作家」。


かと思えば、作りたいものを作るが作りが甘かったり、

自己満足で終わるような作品を納品する作家もいるとのこと。

そういうものの場合、売る人間が、お客さんに勧めるときに、

どうしても、嘘とまではいかなくても、言い訳を

どこかでしなければならなくなるため、大変苦しいところだと。

まあ、そんな未完成品であっても、中にはそれを求めて購入していく人がいるのも現実なので、

売る側としても心苦しく思いながら、まあまあ、よしとして売っている・・・そうです。


これは、ある店主との何気ない会話での一端。


↓続きは長いので、下のリンク「[READ MORE...] 」をクリックして開きます。
+++++
[READ MORE...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。