>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空夏空
空

今日の空は、秋と夏が同居していました。

本物の空、偽物の空。 これは?


+++


空

13時。束の間の晴れ間。

地上からどんどん蒸気が上がっていくよう。

勢いよく上へ上へと流れる大気。

空

たまに、秋がチラリ。


空

雲がモクモク。

パクっと食べられそうな気がしてきます。

もしくは、「エイッ」とパンチしたら、ぽよよん、となりそう。笑


空

大きな雲。ズームにすると、何だか山のようで怪獣のようで。

ワクワクするような不気味さと怖さを感じます

空

空気の層が見えるようです。

ラピュタを連想します。



夕方、太陽が沈むにしたがって、このモクモク入道雲は

みるみると消えていきました。


入道雲がきれいに消えるまで、見届けました



そろそろ、今夜は秋の虫の声が聞こえてきます。



スポンサーサイト
とんぼ玉ピアス
とんぼ玉ピアス

友人の依頼で作成したピアス。

先日作った玉と、チェコビーズを合わせました。

仕立てのデザインも友人案。気に入ってもらえるかな?


とんぼ玉ピアス

銀箔を散らせるときれい



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

七宝焼
七宝焼

学生時代、部活で七宝焼をやっていました。

むかしむかしに作った作品たち。

ゴソっとまとめて出てきて、懐かしく眺めていました。



七宝焼

このころ、銅板の上に、一度白を乗せてから透明色を乗せると、

発色がよくなることに気付きました。

指導してくれる人がいなかったので、自分で調べて作る。

暇さえあれば窯の前で、ちまちまと作業をしていました。

授業さぼっても、休みの日でも、作っていました。


七宝焼

うおのめみたいな指輪。ちょっときもちわるい。

このうおのめ、初めての七宝焼作品です


七宝焼

特に七宝ガラスって、焼く前と後で、色のイメージがずいぶんと変わるし、

にじむというか、溶けて若干広がるので、窯から出すと、最初のイメージと

違うものができたりする。

窯から出したては、まだ真赤で色がわからない。

冷めてくるに従って、だんだん色が鮮明に現れてくる。


七宝焼

部室にあった、昔誰が使ったのかわからないガラスを使って

組み合わせて作っていました。

それプラス、自分でも買い足したり、適当なガラスを砕いて混ぜてみたり。


今考えると、恐ろしいこと・・・というか、無謀なことを、というか。

いろんなガラスを混ぜて使うっていうことは、膨脹係数が異なるものを混ぜるわけだから、

割れて然りです。

そうか、だから割れたのか って、今になってようやくわかったものもある。

でも、割れなかったものもたくさんある。

偶然、膨脹係数があっていたのか、何なのか。

無知とは恐ろしいものです。


+++++

指導者がいないということは、よい点悪い点がありますね。

既成概念にとらわれずに、自由に作ることに集中できて、

自分の表現が壊されることがないという反面、

結局、大事なことに気づかずに終わってしまうこともありますね。

我流でやってきた人っていうのは、自分の興味を持った部分には詳しくて

卓越しているけれど、案外基本的なことを知らなかったりするものです。

知っていれば、もっと表現の幅が広がることもあるかもしれない。

そう考えると、よきアドバイザーみたいな人の存在はとても大切なものだと思う。


同時に、「ものづくり」や「表現」にかかわる指導者っていうのは、

よく生徒の表現や能力や感性を把握した上で、

その感性を壊さない範囲で、必要なことを伝授していくという、

微妙な力加減が必要なんだろうな。

+++++


七宝焼

しげしげ眺めてみると、おもしろい色が出ているのを発見したりして。

同じ作品でも、自分の視点が当時とは明らかに変わってきているというか、

広がってきていると言った方が良いだろうか、、、そういうことがわかっておもしろいです。



ふ。長くなりました。


プリ*ドームアレンジメント
ドームアレンジ

プリザーブドのアレンジメントです。

ピンク色が多くて、明るい雰囲気です。

ドームアレンジ

ドームアレンジ

足もとにも、しっかり花材を入れるように、くるくる左右上下に回しながら

アレンジしました。




テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

くもり空
くもり空

今日は、あいにくの小雨日和。

空も白くて涼しくて、ちょっとばかり、しっとりせつない気分。


くもり空

それでも相変わらず蝉の声。校庭では、子供たちが元気にサッカーをしています。

日常の流れは変わらないのに、木々の姿も変わらないのに、お天気次第で、

風景の見え方・・・というか、風景の捉え方がずいぶんと変わります。


くもり空

昔から、逆光だとか、反射だとか、風景を映すような光が好きです。

学生時代はよく好んで、こういう、光が映り込んだ床や、

ステンレスの手洗い場や、漆塗りの下駄などを、油彩で描いていました。


何かに映った光、それは、とたんにそこから物語が生まれるようで、

風景が、私に、なにかをかたりかけてくるような、心の深いところに、

静かに、ワクワクを与えてくれます。



とんぼだまたち
とんぼ玉ネックレス

次回納品予定の玉たちです。

高円寺のToo-Ticki様へ。

このブルーのマーブルが好きです。



とんぼ玉ストラップ

先日思いついた編み方を、ちょっと変えて作ったストラップ。

シッポが出ているのが好きで、つい、何もないと物足りなくなってしまう





好きなものを少しずつ
とんぼ玉

ひよりオリジナルかるたシリーズです。  ?  と、命名してみる。


少しずつ、きれいと思えるものを付け足してみる。


とんぼ玉

とんぼ玉

半端にシルバーが残っているところが好き。


+++++

とんぼ玉のお店「ばぶるす」様の工房をおかりしました。
いつもありがとうございます!




夏空 2
夏空

空に大きな金魚が泳いでいますよ~

金魚、見えますか?


前回に引き続き、美しい夏空。


雨上がり。涼しい風。蝉の声。穏やかな夕暮れです。

夏空

光っている雲と、光っていない雲。


夏空

きれいだな~。

なんて穏やかなんだろう



ひたすらつゆ編み
とんぼ玉ストラップ

以前作った失敗玉で、ストラップを作りました。

パッと見きれいに見える玉ですが、離型剤が若干はがれてしまって、

玉にまざってしまいました。


つゆ編みだけでも、組み方をちょっと変えれば、

面白い感じになります。


無心で紐を結んでいる時間が、静かに楽しいです。




とんぼ玉ピアス
とんぼ玉ピアス

昨日作った玉と先日作った玉をピアスに組み立てました。

手前のブルーの玉は、職場の人からの依頼です。

晴れた空に雲が浮かんでいるイメージで作ってほしいということで、

そんな感じにできたかな?

最近は、ピアスに樹脂パーツがあるので、金属アレルギーの方も安心ですね。


奥の赤い玉は、わざと凸凹に作ったのですが、この完成品をある人に見せたら、

「これ、ゆがんでるよ?」と言われてしまいました。

イビツなのが可愛いんじゃん! と言ってみましたが、通じず・・・



組み立てたものの、売り物としてはいけないのかしらん。と思い、

解体しようかと迷い中です。



+++++


まだ、玉造りで考えています。

道を歩いていても、自転車乗っていても、考えてしまう。

これは、へんな病気にかかったのかもしれない?!



ガラスで自分は何をしたいのかを考えるのです。

それから、何を表現したいんだっけ??と。

そうしてみると、また、表現って何だ???と。ぐるぐるぐる。



玉で、○○を描写したいっていう考え方や、○○みたいなものを作りたい、っていう発想は、

私のやりたいことと違う気がしてきているのです。

それは、ただの、あるものの再現でしかないから。


極端な単純な言い方をすれば、○○みたいなもの、だったら、

その実物に触れればよいわけなのです。

たとえば花だったら、本物の花にはかなわないのと同じなのではないかと。


でも、そうは言っても、人の手を通して作られたものはすべて、

その人の感性のフィルターにかけられ、形作られるもの。その感性の結晶が

ひとつの美術品なわけで、それは素晴らしいものだから、

一概にすべてを実物と比べてどうかと言い切ってしまうことは、

ナンセンスなことでもあります。


・・・と、思いつつも、やっぱり、あるものの再現をガラスで行うというのは、

今の自分の中では、違うと感じています。


もっと、もっと、ガラスは面白いんだと。

高速で動いていく自然の流れは、ちょっと他のものでは出会えない変化。

再現という枠で、自由な動きを制限したくないというか。



今、私がガラスに触れる中で、一番惹かれるのは、

自然の流れです。

ガラスでしかできないことって、そこなのではないだろうか。

ガラスでしか起きない変化や、ガラスでしかできない質感。

そういうものなのではないかと。


ガラスでしかできないことで、ガラスでしか現わせないものに触れたい。

何というか、言葉でうまく書けないのですが。



たぶん、○○みたいなものを作る、という発想ではなくて、

ガラスの不思議と魅力を、演出したい・・・・というか(言い過ぎかな?)、

うまく言えないけれど、そいういう感覚に近いんじゃないかな、私は。



そのためにも、もっともっと、ガラスって、どんな表情を見せるのか、

どんな可能性があるのか、探究したいです。


たぶん、こんなものじゃないと思う。

まだまだ、びっくりするような、”変” な変化をするんじゃないかな?ガラスって。



+++++



と、そういう考えのサイクルになるのはきっと、私はいつも、

「自然」に最高の魅力を認めているからなのではないかと、思います。

よく思うのが、人間が美しいと感じるものは、すべて「自然」につながっているということ。

ガラスの透明感は、自然界の水に。ガラスの輝きは、太陽の光に。

というように。

自然にはどうあがいても、かなわないと思っているからかなあ。。。



そして、ガラスという媒体には、炎に入れることで、その自然の美しさが、

目に見えて、高速に現れるという、特徴がある。

そこに、私は惹かれているんだろうな。




うーん・・・まだまだ、病気は治らなさそうです。。

でも、こうやって、頭にうかんだことを、文字にしてみると、

だんだん、まとまってくるような感じもします。






超巨大きゅうり
キュウリ

前回よりもさらに巨大サイズのキュウリです。

ベランダの鉢植えなのに、こんなに成長するとは!!!

このキュウリを見た瞬間、冗談かと思うくらいのサイズに、思わず吹き出してしまいました。





ヘチマと言っても通じるかも?



プチ玉
とんぼ玉

小さな蜻蛉玉です。

最近、多々迷いながら玉を作っています。




作りたいものを作ればよいのだろうけれど、ふと、頭が先行してしまいます。


目の前のガラスを見ていて、これを使って、何をしたかったんだろうって、

迷いがでてきます。



同時に、”ガラス”でしかできないことがある、と、いうことに、

気づき始めています。



+++


ガラス自身は、ガラス以外の何物でもなく、何も変わらなくて、

その場その場で、ただ、自然の規則に従って流れるように動いているだけで、

それを見ている私たちが、その流れに、これほどまでに

心を動かされるという、この状態が、なんだか不思議で面白いです。


100人いれば、きっと100人が、その心動かされるポイントが違うのでしょう。

他の人たちは、ガラスの何を見ているのか、いろんな人に聞いてみたいです。




見方を変えると、実は、ガラスは何も変化していないのではないかとも、思えます。




・・・って、そんなことばかり最近考えちゃうので、いけないんですね~。


流れに身を任せます。


+++++

今回も、蜻蛉玉のお店「ばぶるす」様の工房をおかりしました。
いつもお世話になっております!


プリ*サマーリース
サマーリース

プリザーブドフラワーと貝殻で作ったサマーリースです。

バラはすべてメリアに。

青い色が涼しげです。

サマーリース

プリのアレンジをしていると、必ず一度は誤ってワイヤーを指に刺します

見た目はかわいらしいプリザーブドフラワーのアレンジですが、

実はワイヤーを切ったり曲げたりねじったり、指先の力仕事なのです。



前回アップしたトピアリーに続いて、

3日連続作り続けていたら、指が痛くなりました





プリ*トピアリー
トピアリー

2日かけて作りました。

プリザーブドのトピアリー。

リボンにワイヤーを通し、ギャザーを作って、くるんと一周。

トピアリー

かわいらしくできました。



テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

夏空
夕空

日が沈むころの空。

月と太陽が共存する時間。

昼と夜のハザマ。

ちょうど、影がなくなるこの時間がとても好きです。


夕空


空には無数の色があって、空も雲も、流れるように藍色へと移り変わっていきます。


涼しくなるこの時間の夜風は、心地よく、

まだ鳴いているセミの声が、夏の夕暮れを感じさせ、

なんだか、懐かしいような、甘酸っぱいような、穏やかな気持ちになる。


夕空


この時間の空は、刻一刻と変化していくから、日が沈むまでずっと眺めていても

飽きることがない。


徐々にセミの声も止み、草むらの虫たちが、リ リ リと声をたてはじめ。



蚊に食われないうちに、部屋へ入ろう。




こうやって、穏やかな時間を過ごすとき、幸せを感じます。



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

ベランダ菜園トマト収穫
トマトのサラダ


今年のベランダ菜園で採れたプチトマト、味が濃厚ですばらしい出来です。

私が育てたわけじゃないのですけれどね。

野菜は家族が育てています。



最近しばしば作る、とれたてトマトの夏サラダ。

モロヘイヤとキュウリに、プチトマトをあえたサラダ。

一瞬でできる、料理と呼べるほどでもない料理。


家でとれるプチトマトは、皮が固めなので、湯むきします。

味付けは、ほとんどいりません。トマトの濃厚な甘みと酸味で、

それだけで立派な調味料


幸せだ。


トマトレシピを考える日々です。






送別会の玉
とんぼ玉

職場の女性Aさんが退職するということで、送別の品を作成しました。

ネックレスとブレスとストラップのセットです。

同じチームの方からの情報で、、Aさんのイメージが

パステルイエローということだったので、そのイメージで作りました。

そういえば、髪飾りが黄色と茶色の組み合わせなものをよく身につけてらっしゃったかも・・・

と、思い出し。

黄色と茶色をメインで、ブルーを利かせ色にしました。

夏から秋にかけて、使えるでしょうか。

とんぼ玉

数色混ぜて、最後に銀箔を散らしました。


最初は、小さな玉を作って、チェーンでネックレスなどを作ろうかとも考えていたのですが、

気合入って、かなり大きな玉ができてしまいました

でも、きれいにできて、私もお気に入りです。




それにしても、私の勤める職場はどこも、こんな感じで、人の出入りが激しいです。

どんどん、よい人が辞めていってしまうのが、残念でなりません。



+++++

今回も蜻蛉玉のお店、ばぶるす様の工房をおかりしました。
いつもお世話になっております


ちいさなとんぼ玉
とんぼ玉ピアス

小さなとんぼ玉作りをしています。

サイドビーズにしたり、ピアスにしたり。

最近、パーツやさんを覗いていたら、おもしろい素材をたくさんみつけて、

ピアスつくりのインスピレーションが湧いています。

ちまちまと、ペンチで組み立てている時間が、幸せであります

今週か来週、Too-Ticki様に納品予定です。



↓簪も。
とんぼ玉簪

ベランダ菜園
キュウリ

家族が、ベランダできゅうりとトマトを育てています。

キュウリが、お化けみたいな巨大サイズに育ちました

冷やし中華に入れていただきましたが、まだまだ残っています。


ところで、このキュウリが1人でこんなに育ったせいで、周りにあった小さなキュウリたちが

みんなダメになってしまいました。

どういうこと?!

1本で数本分ということでしょうか。



トマト


食べごろトマト発見。


プチトマト

↑このうっそうとした感じが好きです。

プチトマトがいっぱいなっています。



おいしくて、楽しい夏です。






とんぼ玉ネックレス
とんぼ玉

今月の最初の納品です。

Too-Ticki様へ。

ふたつとも、好きです。

特に、右側のものは、秋っぽくて、長くしても短くチョーカーにしても、

よい感じです。


+++++


今日、ふと、とんぼ玉って、装飾品であって、どうしても、装飾品なんだなあ。。。と、

思いました。

うまく言葉にできないのですが。

とにかく、ガラスで描いてみたいことがたくさんあるのです。



テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。