>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セダム
せだむ

セダムという植物の切り花です。

多肉植物の一種で、大変強い植物、たくさんの種類があるそうです。

日本全国に自生し、厚さ寒さ、乾燥に強いとのこと。

セダム

分厚いこの葉っぱ、なんだか強そう・・・。

お薬にもなるのだそうです。

ベンケイソウって、これなのかな?

セダム

はたしてどんな花が咲くのでしょうか。

楽しみに見守りたいと思います。




スポンサーサイト
バンダのウェディングブーケ
バンダのブーケ

バンダという濃い紫色の蘭を使った、ウェディングブーケ。

今日はフリースタイルということで、自由に形を作ってよいということでしたが・・・

なんだかイマイチイメージがわかず、よくわからない感じになりました

ムー。

千日紅がぴょんぴょんしてかわいらしかったので、下の方に使ってみる。

バンダが主役でしたが、私の中では千日紅が一番ピンときました。

小ぶりにまとめて、かわいらしい感じにしつつ、

アイビーでアップダウンをつけて、ナチュラルに。

バンダのブーケ

バンダのブーケ

自由にアレンジしようとしても、今までの基本レッスンのスタイルが身についているためか、

気づくと基本型のラインをとっている。


自由にアレンジって難しいな~


+++++

■本日の花材

・バンダ
・白スプレーバラ
・ピンクのバラ
・センニチコウ
・アイビー
・スマイラックス
・ミスカンサス
・セダム(多肉植物)


友人のリクエストアクセ
とんぼ玉ネックレス

友人からのリクエストで作成した蜻蛉玉のネックレスとピアスです。

涼しい感じです。

編み目は少なくさっぱりとということだったので、ほとんど編んでいません。



ネックレスの玉がとても好き

仕立てると、さらによい感じ。



+++++



サイドビーズ作成の練習をしようと思うこのごろです。


とんぼ玉ピアス




テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用

夢の島熱帯植物館
花畑

また行ってきました。

上の写真は、植物館外のお花畑です。

たぶん、ガーベラ畑だと思うのですが、葉っぱが、ちょっとガーベラと違うように見える。

何の花だろう??

この光景がとってもきれい。


世界一大きな花

世界最大の花、スマトラオオコンニャクのつぼみです。

まだ咲いていなかった。咲いたら見に行きたい!!

ひどいにおいがするそうですね。

中をのぞいたら、真赤です。マゼンタです。さて、どんな姿を現すのか。。。

要注目です。



ヘリコニア

ヘリコニア最盛期です。


シダ

シダが元気です。

どんどん伸びています。くるくると。

モンステラ

モンステラ。

幾重にも重なった葉が、光と影を作り出します。


パイナップル カカオ

パイナップルとカカオ。

この時期、いろいろな樹に実がついていて、宝探しのようで楽しいです。

足もとばかり見ずに、上を見上げてみてください。

バナナ

バナナ。

バナナは、樹ではないそうです。つくりとしては、草の種類に入るということ。

草、あなどれない。

レンブ

レンブ。フトモモ科。おいしそう。

タコノキ

タコノキに実がなっています。


それから、今回初めて見た、モンステラの花↓

モンステラの花

モンステラって、花咲くんだ・・・。

そうだよね。植物だから。

びっくりしました。つぼみがたくさんあったので、これからどんどん開花しますね。


食虫植物の花。可憐。

ミミカキソウ

食虫植物の花

いつも、ちょっとグロイ姿しているのに、お花は、こんなに華奢で、かわいらしいです。


ところで、ウツボカズラですが。

下の写真クリックすると大きくなります。

ウツボカズラ

矢印つけた部分、なんで全部、くるんと一周してるんだろう。

全部のウツボカズラがそうでした。

力のバランスがよいのかな??

それにしても、へんな形していますよね。

なんで葉っぱのさきっぽに壺がついているんだろう。

なぜ、あえて葉っぱなんだろう。

それにしても、絶妙なバランス。

引いて眺めた時のラインが、最高に美しいです。この曲線。最高だと思う。




とんぼだま
とんぼ玉

実物大か、一回りほど大きい写真です。

毎回実験

右上の玉は友人からの注文ですが、これが一番好きです。

写真じゃわかりませんが、色をたくさんまぜて作っています。




そう、植物のステムのようなラインにこだわりたいです。

出してみたいイメージというのが頭にあるのだけれど、

なかなか、形にならないな~。


+++


火からあげるタイミングが難しいです。

絵なども、描き込みすぎると、台無しになることがあるけれど、

蜻蛉玉も同じですね。

火の中を眺めていて、ベストと思うバランスができても、もうちょっと熱してみたら

どんなふうになるんだろうと、長くあぶり続けると、残念な結果になったりする。

結局、色が変に滲んで、メリハリがなくなったり。



刻一刻と変化していくなかで、”タイミングを見極める”って、何にしてもとっても大事。



いつも、「こんなイメージのものつくろうかな~」って、ある程度イメージ持ってバーナーに向うけれど、

作業中に急遽、素敵な色や形が出てきたりすると、そこからいろいろ試してみたくなって、

その結果、よくわからないものができたりします

あの時止めておけばよかったのにねえ・・・ってことが多々。






+++++

今回も、蜻蛉玉のお店「ばぶるす」様の工房をおかりしました。

いつもお世話になっております!



アストランティア
アストランティア

最近知って気になったお花。上の写真、直径2センチほどでかわいらしい。

アストランティア。

名前がカッコイイ。外人さんの名前みたい?

ネットで調べてみたところ、ギリシャ語の「星」=「アスター(Aster)」に由来する名前らしいです。


真ん中のつぶつぶが、お花だそうです。



寒さには強いそうですが、暑さには弱いそうで、暖かい地域では、夏越しが難しい。

直射日光は避け、風通しの良い場所で育てるのがよいそうです。


何だか、ドライにしてもかわいらしい感じ、どうなのかな?


ちなみに、花言葉は、「愛の渇き」。

何でこんな花言葉がついたのだろうか。



テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

トロピカルフラワー
トロピカルフラワー

毎日暑いので、お花が持ちません

トロピカルフラワー

手前の編み編みは、葉っぱを編んで作りました。



+++++

■本日のお花

・バンクシア
・ヘリコニア
・アンスリウム
・デンファレ
・ドラセナ
・ミリオンペラ
・ニューサイラン
・モンステラ
・ミニパイナップル


熱帯植物園みたいな花材ですね~♪



テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

蜻蛉玉と造られた花
とんぼ玉ネックレス


先日、Too-Tickiさまに納品したトンボ玉のネックレスです。

真ん中の緑色のものは、納品して間もなく、お求めくださった方がいらしたということで、

嬉しいです。

ほかのものは、たぶん、まだ並んでいると思います。

自分が作ったものを、誰かが手に取ってくださるだけでもうれしいし、

それで、お金を払って持ち帰ってくださるとは、さらに感慨深いです。



+++++


私は造花があまり好きではありません。

いくら本物に近く作ってあるものであっても、遠くから見ただけで、すぐに造花であることがわかります。

本物の植物というのは、花びら一枚とっても、すべて色や形が違います。

枝も、葉も、幹も、すべて然りです。

すべてが同じ形であったり、すべてがベストな美しい形態であるものは、

偽物ぽくて、生きている感じがしないし、パワーを感じないのです。


それでも、蜻蛉玉の中に閉じ込められた花を眺めていて、魅力を感じるのはなぜだろう。

たぶん、それは、私はそこにある”ガラスの花”を見ているのではないのだろうな。

ガラスの花を通して見える、作者の念というか、こだわりというか、そういうパワーを

感じているのだろうと思う。


同じ形の金太郎飴のスライスのようなものであっても、そこに、制作者の熱い思いが

込められているから、ずっと見ていたくなるんだろうし、そこから元気をもらえるんだろう。

植物から受けるパワーとはまた違ったパワーがあります。

造花は造花でも、”こめられた”造花からは、ものすごいパワーが出るものだなあ、と。

今日は、ふと、そんなことを考えました。



テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用

フォーマルリニーアル
フォーマルリニーアル


本日の基本レッスン、フォーマルリニーアル。

フォーマル(形)、リニーアル(線)の作品。

足もとに形を作って、あとは、線を描くように、枝ものを配置する。

形と線のメリハリをつけて。

中間部分にたくさんお花を入れてしまうと、メリハリがなくなる。


そして、線に緊張感を持たせるということが、ちょっとわかりました。

あまり、ごみごみしすぎずに。


枝のラインを美しく見せるための、引き算の美学。

美しく見えるラインを残し、演出すべく、小枝を間引いていく。


空間のバランス。


広がり(立体感)を出すために、後ろと手前にも、枝を配置する。



・・・なるほどネ!

難しいけれど、おもしろい。


+++++

■本日の花材

・ドウダンツツジ
・ソケイ
・ピンポンマム
・スカビオサ
・バラ
・アストランティア
・ブバリア
・ミズゴケ(苔玉を作って2つ配置。)
   苔玉にも花材を挿すことで、高さが出る。
・スターチス(白)・・・使わなかった


テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。