>
花 * 日 * 和
ゆるゆると、ものづくり。フラワーアレンジと蜻蛉玉。
プロフィール

yasshie

Author:yasshie
きれいなものを見つけるのが楽しくて好き。
つくることが好き。
お気軽にコメントくださるとうれしいです。

>>yasshieのプロフィールはこちらのサイトへ⇒ bookjacket
>>instagram ID⇒ astrantia

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクの溶変とんぼ玉
気に入っているとんぼ玉。

今回も蜻蛉玉のばぶるす様の工房をおかりして制作しました

とんぼ玉


小豆色の不透明ガラスと、ピンクの透明ガラスと、

イエローオーカーの透明ガラスをマーブリング。

その上に銀箔を置いて溶変。

よい所で、ちょっとひっかいて、透明ピンクのガラスで透きがけ。

とんぼ玉


とんぼ玉



とっても好きな感じになりました。

ただこのピンクのガラス、太陽光と蛍光灯で色が変わってしまいます。

この写真は太陽光の下で撮影しましたが、蛍光灯だと

ちょっと茶色っぽくなっちゃうのが残念。


こういうのも計算しながら作れるようになるといいな。

溶変はやっぱおもしろい!



スポンサーサイト

テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用

コスモス観察記録・03
どんどん大きくなっています♪

6月30日の写真↓

コスモスの写真


コスモスの写真


本日、7月28日の写真↓

コスモスの写真


コスモスの写真


夏の日差しをうけて、ぐんぐん伸びています!

コスモスは、水を沢山飲むみたい。

一日2回は水やりをしないとシナっとしてしまう様子。

秋がますます楽しみです



↓コスモスの足元で、カワラナデシコもゆっくりと成長しています♪

カワラナデシコの写真


テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

銀箔使いの蜻蛉玉
とんぼ玉


先日初めて、銀箔の溶変を使った蜻蛉玉を作ってみました。

今回も蜻蛉玉のお店、ばぶるす様にて。

銀って、熱を加えると色がみるみる変化していくのですね!

初めて目にしたので、不思議で仕方ありませんでした

黄色っぽい模様部分が銀箔の溶変です。

銀箔をくっつけた玉をバーナーの火の中に入れると、

いったん銀箔が散ります。そのあと透明になって、しばらくすると

不思議なクリーム色が出てきます。酸素の量によってその色が変化します。

綺麗なので、ネックレスにしてみました

とんぼ玉ネックレス


最近よくつけている

溶変、すっごく面白い!また研究しよう~♪


それからもうひとつ。

これも銀箔を使いましたが、こちらはまだ溶変が起こる前に

マーブリングして銀を散らせてみました。

蜻蛉玉


あまり銀が見えない。笑

これ、一色に見えるかもしれませんが、透明のガラスと

濃い緑と薄い緑をマーブリングしてあるのです。

職場の先輩から「緑色の蜻蛉玉でネックレスを♪」とリクエストが

出ていたので、ネックレスにしてプレゼントしちゃいました

蜻蛉玉ネックレス


まだまだ、お金をいただくほどのものは作れましぇん。

次回もまた溶変玉をアップします!

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

カーボン玉とお花玉
蜻蛉玉


いつもお世話になっている、蜻蛉玉のばぶるす様にて

少し前に作ったものです。カーボン玉3作目

カッコイイ。・・・しかし、もっとカーボンの網目がハッキリして、

白がキイているとよかったな~。

マーブル+カーボンでくどいくらいの作品を作ってみたいな~。

サッパリ美しいのも好きだし、くどくて美しいのも大好き。笑


それから、また失敗作のお花玉。

前回初成功したけど、まだまだ安定しませんね。

蜻蛉玉


ブルーは綺麗。

しかし、また最後の透きがけで失敗;;;

透きがけをするときには、クリアガラスを思い切って沢山

乗せる必要があるみたい。次回の課題なり~。



そういえば。ばぶるす様で教えていただいた、
”Helios”というアーティストのアルバムが素敵です。

不思議な静寂と緊張感を感じさせる音の連続。
時に太古の世界へと旅立っていけるような、
時に無限に広がる大地と、まだ見ぬ世界を 垣間見るような、、、
気分になります。

目を閉じてこの世界にどっぷり沈んでいくと、
無数のイマジネーションと色彩の世界が
生まれては消え、生まれては消え。

そんなことをしているうちに、
また何かを作りたくなるのであります

テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用

ヴィシェープとコウン
ヴィシェープ


先日のお花の教室で、基本レッスン2つ作りました。

ひとつが、中級の「ヴィシェープ」。

直線でつないでいく作品。

↓右から見た図

ヴィシェープ


↓左から見た図

ヴィシェープ


最初にオアシスをカヴァーリングすることと、

濃いお花を均等に入れることに気をつけて作りました


そして、昨年も作った「コウン」。

コウン


難しかったので、今年もチャレンジしました!

ちなみに去年のはこちら・・・

まだちょっと、ラインがガタガタしている・・・。

去年は、MFP(メカニカルフォーカルポイント)からお花がずれいてたため

全体がちょっとゆがんでしまった;

少しずつ、慣れてきたような気がします

何でも基本は大事ですね★

+++++++++++

■<ヴィシェープ> 使用花材
・ゴット
・レザーファン
・グラジオラス
・バラ
・スプレーバラ
・トルコキキョウ(八重)
・スプレーカーネーション
・クジャクソウ ←使わなかった;
・ラークスパー ←初めて出会ったお花!

■<コウン> 使用花材
・ゴット
・レザーファン
・バラ
・スプレーバラ
・トルコキキョウ(八重)
・スプレーカーネーション
・クジャクソウ ←使わなかった;
・デルフィニウム


テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

グリーンアイランド
グリーンアイランド


先日のお教室で作った、自由アレンジメント。

流木を使ったアレンジです

グリーンアイランド。夏の無人島をイメージして作りました。

↓右から見た図

グリーンアイランド


↓左から見た図

グリーンアイランド


より自然な表情を作るために、ピットの葉を落として、

枝の部分のみを使ってみたりもしました。

手前にアンスリュームを伸ばして、無造作に伸びていく草花をイメージ。

足元に、切り落としたデンファレのお花を添えて。


足元のトレイが全て隠れるように作れればもっとよかったな。

次回の課題にしよう!

+++++

■本日の花材■

・流木
・レモンリーフ
・ピット
・クッカバラ
・トルコキキョウ
・デンファレ
・デルフィニウム
・アンスリューム
・グラジオラス


テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

お花玉、やっと成功☆
ここ最近、何かつかめてきた気がする

お花玉、ついに成功!

お花のとんぼ玉


何度も失敗してきたから、成功した時うれしかった

お花のとんぼ玉


最初に、濃い透明紫で地玉を作り、その上にクリアガラスと白を乗せて

目打ちでひっかいてマーブリングを作って、マーブリングの白いラインの隙間から

紫が覗く感じに。

その上に、白い点打ち+半透明紫で点打ち。

目打ちで中心をへこませてお花を作り、最後にクリアガラスで透きがけ。

きれいにできて嬉しい!

お花のとんぼ玉


今回も、高円寺の”蜻蛉玉 ばぶるす”様でお世話になりました。

++++++++++++++++++++++++++++

ここまでで学んだ、点打ちお花玉のまとめ

◎空気の量のこと。

空気の量の調整はとても大事。ススを入れる練習をしたおかげで、

ススをコントロールするコツが少しずつわかってきた気がしています。

透明感のある玉を作りたいときには、極力ススが入らないように。

(ここではあえて”カーボン”とは呼ばない。カッコ悪いカーボンは、ただのスス。笑)

空気の量が少なすぎると、せっかくの綺麗な花が真っ黒になってしまう。

↓失敗例。

とんぼ玉失敗作



◎目打ちでお花を作る時のPoint。

目打ちは極力冷やす&火の外で押し込む。

ガラスに挿した目打ちは無理に抜かない。冷えると自然に抜ける。

あと、点打ちする時の順序もポイントなのかな。

手前から、順番に点を打っていくと打ちやすいです。自分から見て奥から点を打っていくと、

あたりまえなことだけれど、非常に点を打ちにくい。順番を考えて打つとよいですね。


◎ガラスの温度のこと。

あまり玉の温度を上げすぎてはいけない。

玉の温度を低めに保ちながら(保温。時にプラスアルファ)、ガラスを幾重にも乗せていく加減。

低すぎてもいけないし、高すぎてもいけない。

目打ちでへこませる際には、ちょっと力を加えないとへこまない・・・けれど、

カツンと音のしない程度の硬さに。

点打ちした後で点打ち部分を溶かしすぎると、お花が広がってしまって

きれいに水中花になってくれない。保温+アルファ、位の温度が良いみたい。

失敗例↓

とんぼ玉失敗作



◎透きがけをするときのこと。

玉の温度に要注意。保温程度で。

玉を低めの温度で保っておかないと、花が透きがけのガラスにに引っ張られて

せっかく作ったお花が流れて崩れてしまう。

↓失敗例。

とんぼ玉失敗作


+++++++++++++++++

毎回の失敗の積み重ねのおかげで、ようやく形になってきました。

ガラスって本当不思議で面白い。

次回はカーボン玉をアップします♪



テーマ:とんぼ玉 - ジャンル:趣味・実用

未知なるカーボン*蜻蛉玉
マーブルとんぼ玉


昨日のアレンジに使ったマーブル蜻蛉玉。

白の地玉に、赤と黒を散らして、目打ちで引っかいてマーブリング。

今回も、蜻蛉玉ばぶるす様にお世話になりました。いつもありがとうございます



そう。鉛ガラスには、ビビットな不透明赤が無いのだそうです。

ソーダガラスには赤があります。

鉛とソーダは混ぜて使うとガラスが割れてしまうということなので、

今度ソーダだけで試し作品作ってみようかしらん

鉛とソーダは、ガラスの収縮率が違うそうです。

マーブルとんぼ玉


んー。やっぱり、バシッとした赤がほしいな~

+++++

以前、偶然入ったカーボン(スス)がカッコよかったので、

以来カーボン研究にハマっています


黒の地玉に、白い点打ちを3つ。

その上に、青と緑で点打ち。さらにその上に白を点打ちして、

最後にクリアガラスで点打ちしてみました。

カーボン玉1


最後の白い点打ちをした後に、そこにカーボンを入れてみた。

クリアガラスのレンズ効果で、何かの虫の目みたいになりました!キャー

カーボン玉1


カーボン玉1


ちっちゃい玉です。

かわいらしいので、結構お気に入り♪

+++++

次に作ったのが、この玉。

カーボン玉2


ばぶるす店長・星野さんが、スス講座をしてくださいました。

マネして作ってみたのがこれです。

黒の地玉を作って、白を乗せます。

本当は紫色も乗せたのだけれど、白に飲み込まれて全く跡形もなく

ガーン。だけど、カーボンが入るタイミングがだんだんわかってきました。

偶然ではなく、意図してカーボンを入れる方法、研究中です

+++++

集中炎の方が、カーボン玉作るのにはよいみたい。
酸素を絞って、カーボンを入れて(全体に黒い膜がかぶって消えないくらい)
酸素を増やして、カーボンを一度飛ばし。・・・繰り返し、
さらにカーボンを入れて、全体が赤く動くくらいに熱すると
全体に黒い網目模様が広がります。
色によっても、カーボンの色や入り方は変わるみたい。
酸素の量を、細かく調整しなければいけないのか、それとも
炎の上下でカーボンの入りが変わるのか。
はたまた、玉の温度やガラスの色がポイントなのか。
まだまだ謎は多いです。



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。